Vivons nos vies.

日々のあれこれや好きなものについて語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だろう?

ちょっと面白かったので、記録。

最近長文を喋るようになった、さららがこんなことを言い出しました。

「続編放映までに答えてって、何だろう・・・?」

いや、分からないよ(笑)。
何か意味深で、おかしかった。
ちょっと考えちゃったよ。
スポンサーサイト

9月も終わり。

9月ももう終わりだね~。
今日は暑かったけど、ほんとに秋らしくなったなあ最近。

別に今日は特別なトピックスもなく。
っていつもないか。

うれしかったことと言えば、レストランで気に入っていたメニューを今日の晩ご飯で再現してみたら、ほぼ同じ味で再現できてとっても満足。
単純です(笑)。


そういえば、今日から副長のポスター買えるようになってるみたいですねえ、NHKサービスセンターで。
でも発売は10月12日のようですが。
予約、という形なのかな?
今すぐにでも欲しいんだけど、いろいろ事情がありまして。
すぐに売り切れたりはしないよね?
でも売り切れて欲しいってのもあるけど(笑)。
何とかして手に入れたいものです。


翻訳作業

思い立って(多いな最近)、「アクロイド殺人事件」の翻訳をやっている。
もちろん個人的趣味として、なんだけど。
せっかく、昔買ったペーパーバックがあるので、リーディングの勉強にもなるし、やってみようかなと。

アガサ・クリスティの英語はそんなに難しくないと、どこかで読んだ気がするんですが、確かに難解な単語がずらり並んでいるわけでも、難解な言い回しがあるわけでもないんですが。
やっぱり、実際に日本語に訳して意味の通るようにするのはすごく難しいなと思った。

普通に、読んでるだけならイメージだけで読めたりするんですが、文章に落とすのはほんと難しい。
もちろん読むのも相当時間かけてじゃないと無理なんですが、文章にするのはもっと時間がかかる。
日本語として不自然じゃないようにしないといけないし、言葉の使い方にも気をつけなきゃいけない。
意味は分かるけど、もっといい言い方ないかなあともんもんと悩んでしまいます。類語辞典とか要るなあと思った。

あ!これはこの文章につながってるんだとか分かると嬉しいですが、いくら考えても意味が分からない箇所もあり、中々進みません。

特に、犯人を知っているだけに、この文章は何か深い意味があるに違いないと違う意味で悩んだりもしてしまいます。

一日チャプター一つを目標にやっていきたいと思います!

と、決意だけは高らかに(笑)。

名探偵ポワロ:「メソポタミア殺人事件」

2002年のお正月にNHKでやっていた、ポワロの「メソポタミア殺人事件」のビデオを引っ張り出してきて見ました。

覚えのある場面などが出てきて、「多分見たよなあ」と思いつつも、ストーリーとか犯人は覚えておらず。
物忘れひどすぎ(笑)。
まあでも3年以上も経ってるし、推理物語なのに何回も楽しめるのはいいことではないか!!と無理矢理思うことにする(笑)。

けど、途中で(といっても謎解き部分に差し掛かってからですが)犯人もトリックも分かりました(というか思い出したのか)けどね。

これは原作を読んでいないのですが、映像はやはりメソポタミア(イラクですが)の風景を再現できるので本で読むよりも見ていて分かりやすいかもしれませんね。
あれはロケだと思うんですが、実際に中東でやってるのかなあ。
佐幕(変換したらこうなった(笑 )、ではなく砂漠もところどころ出てくるんですよね。

ストーリーも面白かったです。
でも、突っ込みどころもいろいろあり。

以下、ネタばれあります。

・・・read more?


続編へ向けて

続編放映までに、もっと知識を増やしておかなきゃなあと思ったので、
図書館で新選組関連の本を借りてきました。

借りてきたのは以下の3冊。

新選組秘帖
中村 彰彦 (著)


いろいろなエピソードが読めるかなあ、と。

大鳥圭介―土方歳三との出会と別れ
古賀 志郎 (著)


これは前々から気になっていた本。図書館では書庫から出してもらいました。大鳥さん視線の土方さん、どのように描かれているんでしょうか。

暗闇から―土方歳三異聞
北原 亜以子 (著)


北原さんの小説は、実は3冊目。以前、ここでも読んでいると紹介した、『歳三からの伝言』を経て、そして今『降りしきる』を読んでいます。『降りしきる』は、鴨暗殺の夜を舞台にお梅を主人公に書かれている小説で、お梅がそっけない土方が気になるというストーリーなのですが、組!のキャストの鈴木京香さんと山本さんで読んでもしっくりきました。お梅から見た土方さん、きっとそうだよと言いたくなるほど、的を射てる気がします。

表題作以外の小説も、幕末から明治にかけての時代を舞台にしていて、今まで時代小説は苦手分野だったんですが、この本を読んで「時代小説もいいなあ」と食わず嫌いを克服できた感じ。

というわけで、今回の『暗闇から』も楽しみ。

新選組!きっかけで幕末に目覚めたんですが、今なお、私の中では幕末ブーム。
基本的に、新選組周辺が多いけど、これからはもっといろいろな人物、視点や出来事も勉強していきたいなと思ってます。

いろいろと

ああ、何かめっきり最近秋になりましたよね~。
普通の家庭よりは、明らかにクーラーをつける頻度が高い私の家でも、ここ2,3日はクーラーつけてません。


そんな秋風吹くなか、思い立って、リンダリンダのDVDから歌部分だけをMDに落としてみた。
私の持ってる機器ではできないと思っていたのですが、よく考えれば、パソコンからケーブルでつなげばできたんですね。
音源そのものを録音することはできないんですけど。
パソコン側の音量を上げて、録音すれば何とか大丈夫でした。

映像を見ずに歌だけ聴くってなんか新鮮!!

山本さんや松岡さんの歌うブルーハーツを聞くと、冬の空気を思い出すのが何か不思議。
まあ、冬に見に行ったからなんでしょうけど、すごく印象に残ったものってそのときの空気と結びついてるんだなあと改めて思う。


そう言えば全然関係ないけど、こねこのさららがさっき、「副長ー」と言っておりました(笑)。

第38回「遠き鎌倉」を観て

最近、めっきり組!モードだったので、義経の世界に戻れるかどうか心配でしたが(笑)、今回も鎌倉、義経、朝廷、そして平家など様々思惑が入り乱れ、面白く観れました。

ポイントで振り返りたいと思いますが。

まずは、頼朝!!

知盛が死んで、これからの最大のチェックポイントは頼朝ですね。
まあ、話の軸に違いはないんですけど。
頼朝のこれからの描かれ方に、とっても興味があります。
個人的な希望としては、人間くさく描いて欲しいということでしょうか。
今までも十分それは感じていることなんですけど。

先週の放送では、頼朝の肩を持ちすぎた感もあったかなあと思ったんです。
確かに頼朝は何を考えてるのか分からないし、それに義経を試すようなことはせずに、真っ正面からはっきり言葉にして言うべきだなと。
でもそれができないのが、頼朝なんだよなあと今回観て改めて思いました。

まっすぐ生きている義経と同じように生きられないのが頼朝なんだと。
もちろん、上に立つ政治家としてはそうせざるを得ないのも事実でしょうが、それと共に、やはり今までの頼朝の人生というのも大きく関わっているんだろうなと思いました。
完全に世の中の動きをもてあそんでいるように見える後白河法皇とは違って、頼朝にはきっと何か理由があってやっているように見えるんですよね。


大江広元(でしたよね?)にも言われていましたが、相当、義経のことでは悩んでいるようです。

頼朝が一人で悩んでいるシーンって何だか好きです(笑)。
何か、もっと楽にすればいいのにとか思ってしまうんですよね。
でも、自分のしたいようにはきっとできないんだろうなあと。
いろいろ、いろいろ考えて。

大姫の心を取り戻したい政子は、「義経を迎えろ」と言うし、広元は「迎えるな。今回の裁断を御家人は見ている」と言う。

結果的にとった判断は広元のものでしたが、今までの処遇からしてそうせざるを得ないですよね。今回は。
最終的な判断は、やっぱりあらゆる場合を想定して、最も「妥当」なものなんでしょうが、頼朝としてはベストではないんだろうなあ。
義経主従とは違って、いろいろな意見が出す人間がいるし、その場その場で最も妥当な決断をしていかなければいけない。
決断するときは一人だし、上に立つ者は孤独だなあと思いました。

でも元々は、義経を試すようなことをした頼朝に事態の発端はあるように思いますが、それがどんな真意から出たものなのか、今後頼朝の口から語られることを是非期待したいです。
いつも、内に秘めすぎだから!

それと、今回はお互いの心を理解することがいかに難しいかということも感じました。
メールや電話などの通信手段がこんなに発達してる現代でも、思いがすれ違うことなんてたくさんあるのに、ましてや文しかない時代ですもんねぇ。それも、今みたいに1日や2日で届く訳でもないし。

義経が言うように、会って話すのが一番なんでしょうけど。
悪いように悪いように転がって行きそうです。

政子は、やっぱり怖いなあと今日も思う。
大姫の件ではすっかり親としての政子を見て安心しましたけど、予告では何か企んでいるような感じ。
後々は北条氏の世になっていくんですもんねえ。
このまま、承久の乱まで見たい気もしますけど(笑)。


さて、生き残った平家の方たちの今後もちゃんと描かれていくようですね。
重衡さん、忘れられてなかったんだ。
宗盛と重衡との対面では、自分と頼朝の関係と照らし合わせてたんですね~。


来週からさらなる逃避行が始まるんでしょうか。

そういえば、来週の土スタでは「義経」の撮り切りの様子が伝えられるとか書いていましたが、もうそろそろ撮影は終わりなんでしょうかね。
この前、勧進帳の部分を撮ったとかいうニュースを見ましたけど。

来年の大河ももう撮ってますもんね~。
早いなー、一年。

副長のポスターが発売!!

マグナムさんにて発表されてました。

NHKサービスセンターから副長のポスターが発売されるそうですーーー!!

しかも、和装と洋装の2バージョンだとか。


すごいーー!!

欲しいーーー。
買いますよ、きっと!

去年からポスター発売すれば絶対売れるのにって思ってましたが、ついに発売なんですねー。

大体テレカとかですもんねえ。

ポスター発売なんてあまり聞いたことないし。

副長人気、やっぱりすごいんですね!!
嬉しい限り!!


使われる写真は、サービスセンターのHPに載ってるものなんですよね?
新しく撮るのかなあとも思ったんですが、どうなんでしょう。

昨日の土スタで撮っていた、実際の写真に似せて撮った写真は使わないのかな?


でも、どっちにしても、ポスター発売は嬉しいよー。

土スタ見ました!!

見ましたよーーー、土スタ。

「新選組!!」(以前は「!」ですが)情報を見るために土スタをチェックするって懐かしいーーー。

土スタが新しくなってからほぼ初めて見たんじゃないでしょうか。

まるNフラッシュってのは始まってすぐあるんですね。
来週の会津祭りの様子はここで紹介されるみたいです。
来週もチェックせねば!


それはそうと、組!!情報がある、「こちらNHK情報局」は予想通り、2時35分ぐらいから始まりました。

視聴者からの「組!の続編について教えて」という声に答えてという形で紹介されました。

「ついにあの人が帰ってきます!」っていうところで、すでにぐっときてしまいました(笑)。


スタジオに入ってくる私服の山本さんが映し出され、それから撮影風景や山本さんのコメントなど、短い時間ながらも盛りだくさんでした。

この間、見れなかったロケ風景の模様も見れましたよ!

ああ、久しぶりに見る副長の顔だ~と思いました。
それも、新しく撮ったものですもんね。
こんな日が来るとは・・・。感無量・・・。


そして!
20日に回想シーンを撮ったと聞いてましたが、その模様も少し映し出されました。
ここでも、懐かしさが甦り、ぐっときましたよ~。

でもここに慎吾くんはいたんでしょうか?
また別のシーンで出るのかなあ。


山本さんが言ってたように、ほんとたくさんの人に見てもらいたいなあと思いました。

これからも土スタは組!!の新情報をわかり次第伝えてくれるようです。
チェックはぬかりなく!ですね。


放映が待ち遠しい!!


結局見れずじまい

午前中はやっぱりそのままつながらず、午後は用事があり、見れなかったので、結局会津での副長は見ることはできませんでしたーーー・・・。

やっぱ、現地行かないとだめだなあと思ったよ。

けど午後は少しだけどつながることもあったみたいですね。


でも、マグナムさんが出陣式直前の洋装の副長をアップしていてくれたので、それを見れただけでも満足です!!
ちょうど、ライブ配信がつながらなくなったころだったので。

白はちまきしてましたねーーー!!

なんか写真を見ただけで、泣きそうになってしまうバカな私でした(笑)。
目の前でご覧になった方はさぞかし、感動なさってるでしょうね~。
いいな~。
でも、あの姿での行列はかなり暑かったのではないでしょうか?
大丈夫だったんでしょうか。

去年のスタパでも、洋装の副長は見たことなかったんですよね。
といっても、和装も一度だけだったけど。


ということで、明日の土スタに期待します!


会津秋祭り

ライブ配信が全然つながりませんーーー(涙)!!

9時過ぎから見ていたんですが、そのころは結構普通に見れて、「あ、見れるんだ~」とか喜んでいたんですが、行列が勢揃いし、これから副長の挨拶かー!と思ってるぐらいで、画面が停止し、それ以降全くつながらなくなりました。


あーーー、そこからが見たかったのにー!

きっと、その当たりからアクセス数が増加したんでしょうか?

今日は、これからつながることがあるのかなあ・・・。

「新選組!!」の配役が発表!!

NHKHPにて、続編の配役が発表されていますね!

鳥羽潤さんは、山野八十八と言う方の役だそうです。
と言っても、勉強不足でどういう方なのか、存じ上げないんですが。
予想していた、市村鉄之助でも野村利三郎でもありませんでした。

でも、鉄之助や蟻通勘吾も出るんですね~。
利三郎は出るのかな?

しっかりと、照英さんの島田魁も書かれています。
試衛館のメンバーは回想シーンで出演するんですね~。
どんなシーンなんだろう?

ああ、何だか「始まっていくなあ」という感じです。
けど、それと同時に土方さんの最期に向かっているんですよね。
嬉しいような寂しいような・・・・。複雑な気持ち。


でも、まだまだ知らないことがたくさんあることに改めて気づく。

いろいろ勉強しておかなければ!!

・・・read more?


髪を切った。

2ヶ月ぶりぐらいで、髪を切りました。

でも前と違って、ばっさりショートにしたのでかなり軽くなったかな。

最近まで長い髪の気分だったんですが、そろそろ後ろで結ぶだけにも飽きてきたし、私の髪は多いし、しかも太くて硬い(最悪)ので、切ったときはちゃんとスタイリングできていても、だんだん髪の多さで「伸び放題」の感が否めなくなり、切ることを決意。

それに、長いと老けて見えるとか言われちゃうし・・・(それ言われると痛い)。

今日行ったところでも、「子供さんがいるんですか?」とか言われたよ。
かなり、ショック・・・。
そりゃまあ、居てもおかしくはないけどさあ。

いざ、言われると結構傷つくのね。
ははは・・・。



今日久々に、「リンダリンダ」を見ています。

やっぱり、あのときが甦ってくるーー!!

冬の空気感も、「新選組!」にのめり込んでいたことも、舞台ってこんなにすごいんだって感動したことも。

もうすぐ、一年経っちゃうんだなー。

舞台行きたいー(また言ってる)。

昨日の番宣

早速、ロケの様子が流れたそうですね。
しかも、副長、斎藤さん、容保さまのシーンだったとか。

けど。

諸事情により、観れなかったよーーー(涙)。


山本さんがラジオで言っていたあの!セリフが使われてたとか。
話を聞くだけで泣きそうに、というか泣いてたし・・・。


もうすぐ、会津祭りですね~。
あー、ネットの配信果たしてつながるんだろうか。


けど、今週の土スタは絶対チェックしなきゃ!!

順調に

以前、読みたい本で挙げていた、

『夜明け前』と『孝明天皇と「一会桑」―幕末・維新の新視点』を順調に読み進めています。

ちょうど同じ時代なので、史実を押さえつつ読めるのでいいですね。

『夜明け前』も第二部の半分ぐらいまで行きました。
あと少し!!

あれだけ長い話なので、終わった後寂しくなりそう・・・・。

幕末から維新を経て、変わっていく日本の姿が木曽の人々の生き様や考え方を通して克明に描かれていて、何だかよく分からないけど、胸に迫るものがありました。

あの時代、きっと大変革だったはずだけれど、それでも人々は一日一日を生きていたんだなあという当たり前のことを思う。

こういう、変革を少しずつ少しずつ経て、今の私たちがいるんだなあ。

第37回「平家最後の秘密」を観て

壇ノ浦が終わってやっと、物語が佳境へと動き出しました。

頼朝との綻びがだんだん大きくなってきました。

頼朝の許しを得ず、勝手に法皇から官位を得た者に対する処罰とその中に義経をあえて含めなかった頼朝の真意を読めなかったこと。
そして、景時による戦での義経の単独行動ぶりや戦の掟破りの報告。
さらには、法皇に三種の神器のうち二つを返還してしまったこと。

これらのことから、鎌倉との間に溝ができていくことになってしまった。

どれも、義経は鎌倉殿のためにとやってきたことなのに、不幸なほどお互いにすれ違いができてしまいましたね~・・・。

戦での行動は、まだ鎌倉側にも理解の余地はありましたが、その他のことに対しては、朝廷とは全く別の政権を打ち立てようとする頼朝の思いを受け入れることができない義経の考えで動いてしまったこと、しかもそれは頼朝によかれと思ってしたことなのに、残酷にもこの後の悲劇につながってしまうのかと思うと、何とも言えない感じです。

それにしても、義経側にもう少し今回のことに関して、鎌倉側の考えに気づく人がいたらなーと思ってしまいます。


けれど、頼朝は今回も、鎌倉殿として義経の行動を非難する一方で、その表情にはやはり義経がなぜ自分の思いを分かってくれないのかという、兄として弟を信じているがゆえの苦悩が見えたような気がします。

今までもそういう表情を見せている頼朝は、根本のところでは義経を信頼しているんだと思うんです。
だからこそ、毎回試すようなことをして、本当に自分の思いを分かっているのか確かめようとする。
そして、毎回裏切られてしまう・・・。
幼い頃より、血縁や情とは無縁のところで、平家による監視の目の中で、生きていかなければならなかった頼朝ゆえの、血縁の信頼関係を信じたいという気持ちの現れでもあるんだと思います。
家来たちには見えないところで、いつもその気持ちを目に浮かべてしまう頼朝。
中井貴一さん、うまいなあといつも思います。

お互いがきっと同じことを思っているんだろうなあ。

「兄上のために」「九郎のために」、やっていることなのに、と。

そしてそれがこれからの物語の核になっていくんだろうなと。

しかし、その頼朝の思いを全て見透かしているような政子の視線が怖いです(笑)。

以前「殿は、情のお方です。」と見抜いた政子のみが、頼朝の気持ちを知っているのかもしれません。

・・・read more?


ついに続編の詳細が!!

もう、いろいろなところで皆さんおっしゃっていますが、

ついに続編の詳細が発表されたのですね!!

NHKのHPでは、まだ確認できていないのですが、NHK福島の吾妻アナのキャスター通信で詳細についていろいろ明かされています。
ありがとうございます!!


正式なタイトルは、

「新選組!!~土方歳三 最期の一日」

だそうです。
今度は、「!!」なんですね~。
「組!!」と略すことになるのかしら??(笑)

クランクインは18日。
明日からかあ・・・・。

スタジオは、105とのことで、また見学の方が詰めかけるんでしょうか。
私は残念ながら行けない~・・・。
去年は、2回ほど見学に行きましたけど、いつ行ってもすごい人だった。
でも、私も行けないながらも「今日、撮影やってるのかな」とか「たくさん見に来てるのかな」とか考えるだけで、あの頃の熱い気持ちが盛り上がって来そう。

特別な日々だったなあ、あの頃は(遠い目)。


そして、主要キャストのことも書かれています。

榎本武揚、相馬主計、大鳥圭介などなど。
どんな感じになるんだろう。
今はまだ想像つかないけど、実際に映像を見たらきっとぴったり来るんだろうな。

オダギリジョーさんも斎藤さんで引き続き出演とのこと。
よかった~。

山本さんの公式マグナムさんでも続編のことが載っていて、キャストではその他に、鳥羽潤さんの名前もありますね~。
どの役をやるんでしょうか?気になる・・・。
野村利三郎とかかな?
それとも、市村鉄之助かな?
年齢的に言うと、利三郎のほうがぴったりは来ますけどね~。
まだ分かりません。
発表を待ちましょうかね。


何かでも、ついに撮影も始まるし、詳細がいろんなところで少しずつ分かって来るんだなーーーという感じです。

本編の復習とかもしておきたい。
でもDVD、未だ買っておらず。
録ってあるビデオでも観ようかな。

秋の気配

昨日ぐらいから、季節が変わったなあと感じてます。
今日も、朝は今までで一番寒かったような気がする。
湿度が違うのかな~。

夕方になったら、また寒さを感じてます。
日が暮れるのも早くなったのを実感。
これから、どんどん秋が深まっていくんでしょうか。

夏から秋に季節が変わっていくのは、他の季節と違っていつもすごく寂しく感じる。
もう行ってしまうの~、みたいな感じで。

でも、私としては今年の夏は長かったし、色々あったので、いつもより落ち着いて秋の到来を受け入れてる気がするな。



さてさて、最近愛用のヤフーのサウンド・ステーション。

今日は、新プログラムがたくさん!!

この前気になるって言ってたスキマスイッチも、「All the Time スキマスイッチ」で登場。
おー、スキマスイッチだけを聞けるー。

うん、やっぱり好きかも。スキマスイッチの歌。

10月限定なので、今の内いっぱい聞いておこうと思います。

そういえば、クラシックの楽器別でピアノあったんだー・・・。
知らなかったよ。

納豆にたまご

久しぶりに食べたらおいしかったーーー!!

納豆 in たまご。

いつもは、付属のタレだけで食べちゃうんだけど(面倒くさいし)、今日は久しぶりに食べてみました。

おいしいので、是非やったことのない方はお試しを。


さて、納豆とは全く関係のない話題ですが・・・。

・・・read more?


フランス語

1231873.jpg


最近、昔勉強したフランス語を思い出したように、また勉強しようかなと思ってます。
と言っても、本格的にやってるわけじゃないんだけど。

一応教科書とか引っ張り出してきて、ぱらぱらめくってる感じ。
文法はなんとなくは覚えてるんだけど、細かいところはやっぱり忘れてる。
『星の王子さま』も授業で読んだんだよね。

でも、リスニングとかスピーキングとかをあまりやってないので、実用的ではなかったりする・・・。

けど、ネット上で、いろいろ探してると、独学用のページとかがあって、スキットとかで練習できるようなページがあるのにはびっくり。

すごいなー、いんたーねっと(時代遅れ)。

というわけで、久しぶりにラジオ講座でも聴こうかなと思ってます。
確か、6ヶ月ごとにやってるはずだから、10月からまた初歩に戻るはず。
って、いつも聞き始めてから、2ヶ月ぐらいで続かなくなるから、同じような文法ばっかり勉強してる気がする・・・。
歴史で、縄文時代にはやたら詳しい人みたいだよ(笑)。
今月は接続法とかやってるらしいよ。
そんなとこまで、行き着いたことがない。


というか、フランス語勉強してもさしあたり使う予定がないのは、内緒だ・・・。

旅行とか行きたいよーーー。

第35回「決戦・壇ノ浦」と第36回「源平無常」

気づけば、壇ノ浦から書いてなかった。

今回は、あらすじを見て予想してた通り、半分ほどが回想でしたね。
クレジットで、「回想での出演」ってあったほどだもん。
9割方回想だったらどうしようと思ってましたが、そこまでではなくてほっとしましたけどね。

でも懐かしの場面もいろいろあってそれなりに、楽しめました。

しかし、義経が戦いを終えて無常を感じるところでは、お徳さんは語りだけ、もしくは語りがなくてもよかったんじゃないかなあと思いました。
義経の表情だけで、十分なような気がしたので。


話の中心は、引き上げられた平家との対面。

宗盛は、命乞いをすることこそなかったけど、「大将は知盛じゃ」と相変わらずのところも見せてました。
そして、「あの、あの牛若よな」という言葉に、その昔、自分には冷たかった清盛が、牛若だけ別格にかわいがっていたことに嫉妬していた少年の宗盛を思い出しました。
「さだめ」というのは、いつの時代も残酷なものですね・・・。
でも、時子は見つからなかったと聞いて、悲しむ姿には、当たり前のことだけど、母を失うつらさは誰も同じだなあと思った。
純粋な人なのかもしれないな。


そして、平家の女性たちとの対面。

義経に真実を悟られてはいけないという面持ちの面々でしたが、その緊迫感を逆に怪しまれてしまいましたね~。

以前予想したとおりに、この大河では入水したのが守貞親王ということになりました。
来週につながるみたいですが、結局どうなるんでしょうね~。


そして、能子との対面も切なかったです。

「これからは兄と一緒におれ。」
なんて、一番うれしい言葉のはずなのに、平家の人間として生きる決意をした能子。
彼女もさだめのために、肉親と暮らすことができないのですね・・・。

けど、その能子が確信を持って言った、「守貞親王さまです」という言葉に逆に不信感を持ったみたいでしたね。


さて、そして今更ながら壇ノ浦ですが。

・・・read more?


新たな雑貨屋を発見!!

今日、何気なく普段通らない道を通ってみたら、すご~くいい感じのお店を発見。

一階がカフェで、二階が雑貨屋さんみたいです。

ちょこっと覗いてみたんだけど、かなり私好み!!

雑貨屋さんも、いろいろバラエティに富んだ品揃え。
カフェもくつろげそうな感じでした。

こんなところに、こんなお店が出来てたなんて~とびっくり。

やっぱり、普段通らない道を通ってみると、新たな発見があるなーと実感。

・・・read more?


選挙行きました

今日は、衆議院議員選挙の日ですね。

私は午前中に行ってきました!
結構たくさんの人が来てましたよ。

まだ投票はやっているので、まだの人、今からでも行きましょう!!(18時30分現在)。

たった一票かもしれないですが、投票に行くと、何だか民主主義を実感してしまいます。
選挙ぐらいでしか、感じないですもんね~。



さて、今日は選挙特番放送のため、「義経」は7時15分からですよ~(って何のお知らせ?)
お間違いなく。
って私も忘れないようにしなきゃ。

今日もサウンド・ステーション

今日も、BGMはサウンド・ステーションです。

只今の曲は、「ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調」。
今はクラシックの気分。

ヴァイオリンの音色っていいね~。
落ち着きます。

そういえば、サウンド・ステーションでは何故か山崎まさよしに遭遇する確率が高いような気が・・・・。

J-popでよくかかるスキマスイッチもいいなあと最近思ってます。

・・・read more?


火の鳥

この前、ふと思い出した手塚治虫作『火の鳥』。

宇宙ってどうやってできたんだろう、どこまで広がってるんだろうとかいう話をしてたら、何故か『火の鳥』が思い浮かんだ。

何年も前に読んだから詳しいストーリーは、覚えてないけど、スケールの大きさとテーマの普遍性にとても圧倒されたのはよく覚えてる。

NHKでもアニメ化されてたんだよね。
最近、夜中にやっていた「未来編」の再放送の後編を見た。
世界観は結構原作に近いんじゃないかなあ。
全部見てみたいな。


あの世界観をもう一度味わいたい。
原作を読んでみたくなった。

ポワロを久しぶりに

久しぶりに昔ビデオに録ったポワロを観てみた。
前に観てるんだけどね。

けど、題名はラベルに書いてなくて分からず。

何年ぶりに観たんだろうなあ。
ストーリーとかは、「あ、観た観た」って思うのに、
犯人とかは全く忘れてた。
しかも、全然予想つかない人だったし。
思うつぼだよ(笑)。

3年以上、いやもっと観てないのかなあ。

よっぽど印象が強い話じゃないと、犯人も忘れちゃうのね。
まあ、その分何度でも楽しめるので、お得といやお得なんだけど。

本でも、1年ぐらい経つと犯人とか忘れてしまう。
忘れすぎかも、私。

・・・read more?


今日も暑い

台風が行ったと思ったら、また暑い日々が。
風は、秋っぽくて気持ちいいんだけどね。


最近のマイブーム。
ヤフーのサウンド・ステーション。
今もBGMで聞いてます。

ラジオみたいな感じで、いろいろなジャンルの音楽が聴けるんだけど、
これが全て無料。
ヤフーIDを持ってれば、ずーっと聞けるけど、持ってなくても、
3曲ぐらいは聴けるのかな。
シャッフルで聞けるし、曲は必ず初めから聴けるから、嬉しい限り。

中でも、J-POPがフルコーラスで聞けるのが嬉しい。
今までは、著作権とかの問題で、難しかったらしい。
結構、最近のヒット曲とかも聞けるから、びっくり。


でも、ネットってほんとに便利になったなーって改めて思う。
ダイヤルアップ接続の時代とかが懐かしい。


今日も、イギリスの食器の探し物をしてたら、アンティークショップのサイトにたどり着いたんだけど、その数の多さにもびっくりした。
お店行くより、品物の比較とか格段にたくさんできるしね~。
圧倒されたよ。


ああ、またイギリス行きたいなーと思ってしまった。
アンティークのマーケットとか行きたいなー。
掘り出し物とか見つけたい。

2007年のNHK大河ドラマ

今日、2007年NHK大河ドラマが発表になったみたいですね。


井上靖原作の「風林火山」で、武田信玄の軍師、山本勘助の視点で戦国時代の人間模様を描くそうです。

来年再来年と戦国時代が続くんですね。

戦国時代物は最近あまり見てなかったんですが、武田信玄の軍師の目線で物語を描くというところに惹かれました。
信玄側というか、戦国武将側目線の話だと新鮮みがなくなりそうですが、今回は面白そうです。


歴史は好きなくせに、日本史には疎いので(一般知識ぐらししか知らないので)、来年からの機会にちょっと戦国時代も勉強してみようかなあと思います。

「新選組!」でも食わず嫌いだった幕末に興味を持つきっかけになりましたし。
ほんとにいい機会だったと思います。
 

・・・read more?


ポワロの完全版DVD欲しい

『ホロー荘の殺人』を見て久々に盛り上がったポワロ熱。

そしてこれまた久々にDVDを検索してみた。



そしたら、新たにリニューアル版の完全版が出ているらしい。
しかも最近。
8月26日発売だそうですよ。
知らなかったよーー。


n_627bibf9147ps.jpg

名探偵ポワロ 完全版 DVD-BOX 1

9月23日には、DVD-BOX2も出るみたいですし。

でも、調べてみると、1の方は、DMMが割引率が高いんですよ。

どうしようかなあ。
欲しいなー。

と、うじうじ悩んでます。

でも今回発売されたのは、リニューアル版だけあって、以前の完全版には収録されてなかった、オリジナル版の吹き替え版も入ってたりと、ファンとしてはうれしい特典もあるようです。

1はビデオに録ってない作品がほとんどなので、どっちにしろいずれは買いたいです。

「ホロー荘の殺人」観れた

先日「観れない観れない」とわめいていた「ホロー荘の殺人」ですが、あの後、「チャンネル合わせれば観れるんじゃないの」と無謀にも合わせて観たら、映った・・・・(笑)。

何だか、何ヶ月が前から映るようになってたらしいよ。

早く言って!!

しかし、すごいタイミングでした。
努力はしてみるもんだなーと(チャンネル合わせただけですが)。

・・・read more?


 | HOME | 

Calendar

« | 2005-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

浮舟

浮舟

Vivons nos vies.へようこそ!
「新選組!」と「新選組!!」、山本耕史さん、大河ドラマ「功名が辻」の感想、フランス語の勉強、読書、アガサ・クリスティ、日々の徒然などなど脈絡なく語ってます。


お気に入りリンク

山本耕史さんのオフィシャルFC MAGNUM1031です↓
MAGNUM1031
日野市立新選組のふるさと歴史館HPです↓

組!!特設サイト↓
Shinsengumi Express!!新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。