Vivons nos vies.

日々のあれこれや好きなものについて語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日おめでとうございます!!

今日は、山本耕史さんの29歳のお誕生日ですね~。

おめでとうございます!!
山本さんにとって今年も、実り多い一年になりますように!!


マグナムさんのトップのフラッシュも変わって、ビッグニュースが!!


2006年 “tick,tick…BOOM!” 再演決定!!

伝説のミュージカル "RENT" の作者、ジョナサンが
30歳を迎えるストーリー。
それを
2006年10月31日に30歳となる山本耕史が演じます。
この二度とはない舞台に、ご期待ください!


とは!!
すごいですね~。CDに舞台にと最近ニュースが目白押しですよ。
そして、「RENT」へとつながっていく舞台ですもんね。山本さんも嬉しいでしょうね~。
私自身も山本さんの「tick,tick…BOOM!」観てみたかったのでとっても嬉しいです♪

1年後ですねー。
絶対絶対見に行きます!


ということで、今日からカテゴリにこっそりと(?)「山本耕史」を追加してみました(笑)。
スポンサーサイト

第43回「堀川夜討」を観て

今日は、今までの流れが臨界点を迎え、急展開の「義経」でした。
土佐坊昌俊による義経邸への闇討ちについに、義経が頼朝との決別を覚悟。法皇に頼朝追討の院宣を願い出、兵を集めようとするものの、全く集まらず、都を去る決意をする義経。

○予告で聞いていた「我が存念を、『頼朝』に示すのみ」というセリフは本編で聞いても、おっ!と思ってしまいます。呼び方を変えるだけで、空気がさっと変わりました。それまでの義経とは違う道へ進み始めた瞬間だったんでしょうね。
土佐坊の最後の鎌倉での様子や、少しほろりとさせる話を聞いても「死罪」と断じる義経は以前の義経とは違っていますね。

けど、義経自ら斬首するんですね。頼朝に決意を示すという意味もあるのだと思いますが、ちょっとびっくり。

○昌俊らを撃退するシーンは、久々の戦闘シーンでした。相変わらず身軽です、義経(笑)。でも主従の絆にはちょっとほろりときました。萌も、なぎなたを持って駆けつけてましたね。かっこいいです、萌。萌と義経の関係も切ないものがありますね~。

○今週の行家ですが、夜討ちに助太刀に来たものの、ほとんど何もせずにいたのが彼らしいといえば彼らしいですが。まあ来ないよりは心強いですけど。

○法皇チームは今回ばかりは源氏側に振り回されているという感じでした。早まって義経に院宣を下したことに焦りまくる法皇がちょっとつぼでした(笑)。

○さて、今回気になったのは頼朝の真意は何だったのかということでした。頼朝が「もはやここまで。九郎を討つ。」という決断に至るまでの義経の動向はどこまで予想していたものであったのかという点です。

・・・read more?


今日の土スタメモ

今日の土曜スタジオパークは、組!!制作発表の模様でしたね~。
初めはクランクアップの様子って書いてあったけど、変更になったんですね。その様子はまた今度やってくれるかな?
「土曜スタジオパークではこれからも「新選組!!」の情報をお伝えしていきます!」って言ってたもんね。
期待してます、土スタ!!

制作発表では、副長、榎本さん、大鳥さんそれぞれのコメントと撮影風景がちらり(若干ネタバレ)。
プレマップで流れてたのと、カメラワークが違うバージョンかな?
副長は、相変わらずかっこいいです!!!


後、今日「ミラクルバナナ」の公式HPに行ってみたら、少し感じが変わってた。(あ、マグナムさんも変わってた)
内容はあんまり変わってないけど。
今日から名古屋方面では公開なんですよね。
私の住む地域ではいつになるのやら・・・。

そろそろ山本さんのカテゴリ作った方がいいかも?(笑)

そろそろ年賀状の季節

早いですね~・・・(遠い目)。
もう年賀状のことを考えねばいけない時期になったとは。

家では年賀状は何年か前から私が担当になっている。
年末に帰ると、「頼んだよ、年賀状」と言われる。
しかし、今年まで用いていた年賀状作成機器が何と!あろうことか、

ワープロ!!

いつの時代なんだ、うちは。
携帯でテレビが見れたり、1000曲入るとか言われる携帯音楽機器が出回っている昨今、
時代錯誤もはなはだしい。
今時、電器店には売ってないんじゃないかって感じなのに。
確実にアンティークの部類に入ってるよ。

なのに、年末だけうちではワープロが大活躍。
レイアウトに四苦八苦ながらも、何とかやり続けた。
でも別にパソコンがないわけじゃないので、普段はパソコンを使っているんだけど、何で年賀状だけワープロなのか。

多分、年賀状ソフトとやらを買うのがめんどくさいとか、プリンターのインクが減るとかそんなくだらない理由で今年もいっかってなってたんだと思う。
でも毎回レイアウトとかをやり始めると、パソコンに慣れてるのでワープロの操作が面倒なこと面倒なこと。
マウスの偉大さを再認識するときですね。
ドラッグ(薬じゃないですよ)ができないということがどれほど不便か。
いちいち機能1プラス方向キーを押さなきゃいけない。
やっぱ、パソコンでするんだったーと毎年のように思い続け、
でも一旦出してしまうと、喉元過ぎれば熱さを忘れるで、また次の年もワープロのお世話になっていた。


しかし!
今年こそはパソコン(去年までとは違うパソコン)で年賀状を作ろうと思っていて、早い時期からネットで年賀状ソフトをチェックしていたのだが、
今日、

「もしかしてパソコンにもともと入ってたりして」

と思い立ち、スタートメニューからプログラムをチェックしてたら、

ありましたよ!!

「筆ぐるめ」が。

危なかったーーーー。買うところだったよ、ソフト。
灯台もと暗しとはまさにこのこと!

さっそく、見てみたら、おお~いろいろ使えそうな機能がいっぱい!!
ワープロの作成の仕方からしたら、雲泥の差ですよ。
何て便利な!!そして、簡単な!!機能がたくさんあるんでしょう。
年賀状だけじゃなくて、暑中見舞いとかその他もろもろのレイアウトが作れるんですよ!!(当たり前ですか?そうですか)。
ちょっと感動しました。
軽く10年ぐらいは遅れてる気がしますが。

ということで、やっと時代に追いついて、今年はパソコンで!年賀状を作れそうです!!

TVnavi ありがとう!!!

というわけで、やっとTVナビを手に入れてきました。
若干乗り遅れてますが、噂の「新選組!!~土方歳三 最期の一日」のムック本の告知、見ましたーーー!!!

2006年NHK正月時代劇
「新選組!!~土方歳三 最期の一日」
メイキング&ビジュアル完全ガイドブック
12月上旬発売!

テレビナビが撮影現場に密着しリポート!
スペシャル対談やドラマシーンなどのビジュアルも充実の永久保存版


ですよ!!
すごいよー、TVナビ!!
さすがTVナビ!!
ありがとうございます!!
去年はもちろん、今年に入っても山本さんの対談連載(対談相手の人選が絶妙!)を始めてくれたりと、新選組!ファンのことを一番よく分かっているTV雑誌だと思ってはいましたが、まさかここまでやってくれるとは!!
その実行力に驚くばかりです。

山本さんのスペシャルインタビューほか、いろいろ盛りだくさんのようです。
きっと、新選組!ファンが見たいことや聞きたいことを確実に押さえてくれたガイドブックになると期待してます!!

ネタバレには注意しなきゃいけませんが、絶対買います!!
何ならネタバレしてないページとしてるページに分けてくれたりはしないだろうか?(贅沢)。「ここからネタバレしてます」みたいな。ネタバレOKな人は読んでも大丈夫だけど、苦手な人は放送後に読むようにストップかけてくれたり、とかね。

・・・read more?


CD発売!

マグナムさんのトップのフラッシュが今日から変わってますね。

ついにCD発売の告知が!!
フラッシュだからすぐ画面が変わってしまうので、じっと目を凝らして見てしまいました。

タイトルは「IN MY HANDS」なんですね~。
5曲収録のミニアルバムみたいなものかな?
おお~、楽しみです~。。。

11月3日より、リトルショップ・オブ・ホラーズ会場にて発売。
通販もやります。11月3日より受付(予定!)


だそうです。

あれ?
リトショも見に行けなくて、非会員の人(私)は買えるのかな?
と思ってたら、

<CDの通販について>
・一般の方もお求めになれます。

とのこと。
ほっ・・・。買えるみたいですね。
どんな曲なんだろう。
以前出していた山本さんのCDは全く聞いたことがないので、完全なる未知の世界です。
とにかく、楽しみです♪

チェックするものがいっぱい!!

久しぶりに(でもないか(笑 )、BGMは組!のサントラです。
どれもいい曲なんだけど、「誠の友情」と「誠の志」は中でも一番好き。これが流れてくると条件反射で泣ける。いろいろな場面で使われてるけど、やっぱり「誠の友情」は『流山』の回での勇とトシの別れのシーン、「誠の志」は同じく『流山』の勇と有馬さんの対峙シーンが真っ先に思い浮かぶ。ドラマが終わってもここまでサントラ聞いてるのって、「新選組!」のサントラだけかも。やっぱりすごいドラマですよ、ほんとに。

ナビだけじゃなく、他のTV雑誌でもいろいろ特集がこれから組まれるみたいですね~。
TVstationでは短期連載も始まるとか。
Look at star!でもリトショはもちろんのこと、組!!の記事あるみたいですね。
ああ、多すぎて追いつかないよ・・・・。ナビもまだ買ってないし!!
しかし、ネタバレには注意しないとね。プレマップは見ちゃったけど。
去年は、TVLIFEで、勇の最後のセリフを読んでしまって、相当落ち込んだもんなあ。そのセリフはどこにも書いてないだろうと思いこんでたもんだからねえ。必死で忘れようとしたけど、無理だったよ(当たり前)。

リトショはもうすぐ始まるけど、見に行けないし・・・。
DVD出るのかなあ。是非出して下さい!!
L5Yも見に行けなかったので、DVD見たいよー。
ああ、山本さんの舞台見に行きたい!!

まだまだ完成までは遠い道のり

先日から一念発起して再び始めたピアノ
一日でも休めば指の動きが鈍ると、少しずつだけど毎日続けて今日で4日目。まだまだ一曲全部の音は取れてませんが、何とか3分の2ぐらいまでは進みました。以前やってる曲だからもう少し早く進んでもよさそうなもんだけど、あせってもしょうがないので地道に地道にを合い言葉に♪

けど、音を追うだけで精一杯で、気持ちを込めて弾くという境地にまではたどり着けません。そこが一番重要なんだけど(^^;

CDで聞くようなところまで至るには相当練習しないとだめだなと改めて思う(まあ素人が弾いているので、最終的にそんなところまでは行き着かないとは思いますが)。
何であんなにこともなげに弾いてるんだろうって思う。すごく柔らかな曲なんだよね~、聞いてると。私が弾くと「必死に弾いてます」って感じになって、聞いてる方もそれじゃ疲れるよ(笑)。

とにかく速い速い、弾くスピードが。そんな和音をどんなスピードで押さえてるんだって感じだよ。

始めてすぐのころは、肩が凝ったりしてましたが、今日は結構ましかな。普段使わない筋肉を使うのか、指の付け根に近い部分が痛くなるってのも悲しい・・・。

とりあえずは続けること!!
弾き込むことを第一にやっていこう!!!

テンプレ替え&プレマップ

さりげなくまたテンプレートを替えてみた。すでに二日ぐらい経ってるけど・・・。

昨日のプレマップ、無事捕獲しました。
榎本さん、大鳥さんの紹介あり、軍議シーンのネタバレシーンもはさみつつ、土方さんのインタビューあり、天寧寺でのクランクインのシーンもあり、試衛館のシーンもあり、三谷さんのインタビューもあり、5分なのにものすごく盛りだくさんでした。
けど、家族共有テレビなのでじっくり入り込んで見れなかったのが悲しい・・・。なので、またじっくりじっくり見てみよう。
インタビューのときの土方さん、カツラが少し変わってて、すごくかっこよかったのはよく覚えてます(それだけ?)。

ナビもまだ手に入らず。
「組!!」の完全ガイドブックが出るそうですね~。
すごすぎる、TVナビ!!!!


第42回「鎌倉の陰謀」を観て

予告で、義経が「頼朝」って言ってたよー。観てるこっちが、ドキっとしてしまったよ。ついに、そこまで行くのかって感じになってきました。

何かもうだんだん観るのが苦しい展開になってきてます、先週あたりから。組!もそうだったけど、大河はこの時期つらい場面が多い。義経とかほんとつらそうだもんなあ。滝沢くんも初めのころと、顔つきまた変わってきた(何回言ったことか)。老成してきた。1年経ったってのもあるけど、撮影の中での経験が顔にやっぱり出るんだなあ。



○鎌倉との乖離は今回も止められず。頼朝はやはり悩んでいるようです。結局は情に流されず、理をもって、苦渋の決断をせざるをえないと思っていても、悩む頼朝、そして、兄として九郎を心配する表情も時に覗かせる頼朝は好きですね。けど、それと政治的判断は全く別物。そんなことを、政子は全部分かっているようですね。「手の届かないかゆいところを掻いて差し上げます」とは。今回も黒い政子。中井さんが、「政子怖いんだもん」と言う(NHKHPより)のもうなずけます(笑)。でもそれも頼朝を思うがゆえなんですよね~。

○また出てきた行家。その日和見主義な生き方にはあきれますが、今回言ってたことはあながち間違ってもいなかったです。「鎌倉殿とは違う新しい道を行く」ということは、確かに客観的にみれば謀反ですよね。主観的にどう思っていようが。行家に言われてはっとする義経でした。もっと早く気づいていてもよさそうだけど。結局まだどこかで頼朝を信じてた、というかみくびっていたところがあったのかな。

○法皇チームは今日も暗躍です。弱ってる義経には、言葉の掛け方を知ってますね~(怖)。伊予守に任命してまた情勢がややこしくなってきました。朝廷と鎌倉の駆け引きが続きますね~。


もうラストスパートって感じですね。
つらいけど、見届けるぞ。


「最終シーン」。

山本さん公式マグナムさんにて。

「現在最終シーン撮影中」

だそうです。


ついに、その時が来たんですね~・・・・。

何か言葉にならない。
胸が詰まるような感じがする。泣きそうになる。

そっか、足かけ3年になるんだなあ。

そして、「最期の時」がやってくる。


撮影が無事終わることを祈りながら、今日は、静かにこのことを噛みしめたいと思います。

寒い~。。。そして久々にピアノ♪

今日寒すぎ。
晴れるはずじゃなかったのか。
朝から雨は降るし、気温は下がりっぱなしだし。
とにかく、寒い!!

ということで(何が)、
今日は、すっごく久しぶりにピアノを弾きました。
半年、いやそれ以上弾いてなかったな。
レッスンをやめてからは、時々趣味程度にしか弾いてなかったから、
まともに弾ける曲があんまりないんだよね(悲しい)。
ちゃんと弾けるようになるまでは、結構練習を続けなきゃいけないし、その練習をする時間もないし、弾けないともどかしくなってしまい(根性なし)、結局完成形に近づかないということが続き・・・。

しかし!
今度こそはちゃんと一曲完成させようではないか!
地道に練習して弾けるようになろう。
思えば、昔は弾けてた曲なんだよな~。しかも10年以上前に。
こんな曲が弾けてたのか・・・・とびっくりです(おい)。
ブランクが空くとほんとに何でもだめですね。
続けていかないと。

まずは、音を取らないとね。
そこからじっくりあせらず始めていこう。

新選組!!:「大ディスカッション劇」なんですね~

インターネットTVガイドで続編について詳しめの紹介がされてますね。
放送日時が決まって、うれしいはずなのについに終わりが決定したようで何か寂しくなって、この期に及んで見たくないような複雑な気持ちになっていましたが、何となく、おぼろげながら続編の全体像が見えて少しは心構えができたかなという感じです。

以下ネタバレがあります。

・・・read more?


本とサウンドステーション

さて、今日は図書館に行ってきました。

『大鳥圭介 土方歳三との出会いと別れ』がまだ読めてなかったので延長して、後は気になる本を何冊か借りた。

続編の放映日時が決まったところで何だけど、気になるのは、

『源頼朝―鎌倉殿誕生』PHP新書 関 幸彦 (著)

「義経」見て頼朝の政治手法がどうしても知りたくなり、借りてきました。

そういえば、大鳥さん関係で気になる南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記 大鳥 圭介 (著), 今井 信郎 (著)と、最近また「リンダリンダ」熱が甦り(他の舞台行けないから(泣))気になるリンダリンダの戯曲本、図書館で検索したら2冊ともあるじゃないかー!!
でも両方とも借りられてるよ・・・・。せっかく借りようと思ったのにさ。

今度行ったら絶対借りよう。

・・・read more?


「新選組!!」放映日時決定!!

ついに決定しましたねー、続編の放映日時。
NHKのドラマHPにて発表されました。

「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の放送日が決定!

「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の放送日が、以下の通り決定いたしました!どうぞご期待下さい!!

 放送日:2006年1月3日21時から(約89分)



だそうです。

ついについに決まったんですねー・・・・。
はー、覚悟決めなきゃなーと大げさなことを思ってしまう。

土曜スタジオパーク

土スタ見ました!!

何と!生登場だったんですねー。てっきり録画かと。
ま、知っててもスタジオに行ける訳ではないんですが(笑)。
でもすごいな、土スタ。

それに予想外のボリューム。
新聞のテレビ欄に「山本耕史も」と名前が出てたので、結構時間とるのかな~と思ったんですが、こんなに取ってくれるとは。20分ぐらいやってたような気がします。
糸井さんがゲストとは言え、やっぱりすごいです、土スタ(しつこい)。

まずは、糸井さんのラジオに出た時の話。
糸井さんはすごく深いところまで見てる、と山本さん。

そして、次は撮影の合間での新キャスト紹介など。
相馬、蟻通、山野、鉄之助それぞれコメント付きで紹介。
鉄之助役の池松くん、かわいいですね~。ほんとに、死なせたくないと思ってしまいます。
何だかみんなういういしいのも、ほほえましいです。

そこへやってくる、島田と尾関。
「副長、愛してます!」という島田さんに大受けです(笑)。

VTRで三谷さんも登場しましたね~。
「!!」にはあまり意味がないと言ってました(笑)。
三谷さんらしいです。


最後に山本さんが視聴者へのメッセージで、「『一瞬たりとも気を抜くな』と香取くんにも言われているので」って言ってましたね~。
どんな話をしてるんでしょうか。
で、局長はどういう形で出てくるのかなー。気になります。

でも撮影も以前みたいに仲間でわいわいやるというのではなくて、寂しい。本当の土方さんもこうやって戦ってたんだろうな。ということを聞くと、やっぱり切なくなりますね。
糸井さんが、「心の底から悲しい思いをしたい」と言ってましたが、本当に悲しい切ない苦しいストーリーになりそうで、あれだけ見たいと思ってたけど見たくないって気持ちにもなってしまいます。

後、3ヶ月ないぐらいかー。
見た後どうなるんだろう・・・・。

ほんとに10月?

というぐらい今日は暑かった。クーラー付けましたよ、クーラーを。
10月も半ばだよー。何でこんなに暑いんでしょうか。
雨も降るし、カエルはぎゃっぎゃっぎゃっぎゃ鳴いてるし、何だかこれからまた夏が来そうですよ、ほんとに。

そんななか。
友達に、ヒロシDVD(何?)を貸しましたら、

「すっごく面白かった。山本さんかっこよかった!」

と言ってくれまして(嬉)。
これを機に、こっちへ(どこへ?)引き込もうかと画策中(笑)。
組!のDVDも絶対見て欲しいなー(自分は持ってないくせに)。

さて、最近はまっているテンプレ編集ですが、今度は3カラムで挑戦中。でもイメージ通りにするのはほんと難しいです。微調整が難しいよ。
htmlはもっと勉強しないとだめですね。

テンプレ編集にはまる

オリジナルのテンプレを作りたい!と突然思い立ち、ここ何日かスタイルシートなどをいじりまくっているのですが、実際やってみると本当~に、難しい。

記述の仕方とかは、何とか基本中の基本は分かるようにはなったものの、ほぼやみくもにやってるので、中々イメージ通りに行かない行かない。何度も放り出しそうになります。

でも、ようやくまだまだ未熟なテンプレですが、今日からオリジナルに変えてみました。
素材とかも、素敵なのがたくさんあって迷いまくり。
みんなかわいい~とか思っちゃう。

しかしやり出すとはまってしまい、時間があっという間に過ぎてしまうので要注意ですね。
でもまだまだ知らないことだらけなので、これからいろいろ勉強しないとなあ。

しかも飽きやすいので、すぐ変えたくなったりして(笑)。
いや、しばらくはこれで行こう。


組!!の制作発表

昨日、組!!の制作発表があったんですね。
撮影もどれぐらいまで行ってるんだろ。もう終盤あたりなんでしょうかね~。

(主役になり)セリフが10倍になってつらい。

とか・・・。(ニッカンスポーツより)
何か、制作発表のニュースを聞くだけで切なくなって、早く見たいような見たくないような複雑な気持ちです。
見終わったらどうなるんだろ。
今度こそ終わりだもんなあ・・・。


それと、来週の土スタ。
糸井さんがゲストですが、

新選組ファンの糸井が山本耕史とともに語る

だそうです!!
絶対チェックしなければ!!!!

安部公房の『榎本武揚』

例によって、家の文学全集をあさっていたら、意外なものを発見しました。

安部公房の『榎本武揚』。
無知だったので安部公房と言えば『砂の女』ぐらいしか知らなかったのですが、歴史小説も書いてたんですねー。
幕末小説は何でも来い!という状態なのでこれも読みたいです。
それに、適当に開いたページに、「近藤勇流山で捕縛。土方歳三の行方知れず」みたいな記述があって、何という偶然かと思ってしまいました。運命?(笑)これだけで泣けると思った(笑)。読みたいなー。

月曜日についについに『夜明け前』が読み終わったので、次何読もうかと思ったんだけど、続けて藤村を読むことにしました。次は『破戒』です。また、重いですが・・・。
でも、だいたい平行して3冊ぐらい読んでるので、他の小説で重さは軽減されてるかな、と。藤村だけ読んでいると、ものすごく疲れてしまうので。『ラッシュライフ』もさっそく昨日読み終わりましたよ~(早)。映画とかではこういう手法使ってるけど、小説で読むのは初めてだったな。パズルみたいな小説で、面白かったです。『夜明け前』も読んでよかったです。もちろん「おもしろかったー」という小説ではないですが、時代が幕末だからというだけで読み始めたけど、そこからまた視野をぐーんと広げてくれました。まだまだ知らないことだらけだなと。平田国学とか維新期の地方自治の変革とかについても勉強したくなりました。

時代は変わっても、「生きる」ということは変わらないんですね。様々な視点から見た明治維新。いろいろ思うところがありましたね。

日本文学、少しずつ制覇していきたいです。

副長のポスター

NHKサービスセンターで予約受付中の副長のポスター、嬉しいことに今日発表のランキングで一位になってますね~。

え?
まだ予約してませんけどね(笑)。
スタジオパークでも売ってるんだー。といっても、行けませんが。
売り切れませんように・・・。。。

即購入

愛用している通販化粧品の月刊誌の「読書の秋におすすめの小説」というコーナーで紹介されていた小説を今日買いました。
月刊誌届いたの昨日なんですけどね(笑)。

買ったのはこちら。

ラッシュライフ 新潮文庫
伊坂 幸太郎 (著)


どんな話かと言うと、

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。


(レビューから引用)
というような話らしい。

うん、面白そうだ。一気に読み切れる本らしいがどうなんでしょう。

「新選組!!」の土方さん

NHKふくしまのウルフこと吾妻アナのキャスター通信読みました。
これから金曜日の日課になりそうです。

会津祭りでの山本さんのこと、山本さんのインタビューのことなど今回も「組!!」情報が盛りだくさんで嬉しい限りですが、インタビューのところなんかは読んでいて、苦しくなりますね、何か。

「土方にとってはなくてもいい」とか、
「悲しみしか与えられない」とか。

確かに本編とは違いますし、近藤さん死後の土方さんがどんな思いで闘っていたのか考えるだけでも悲しい話であることは十分予想が付きますけど、こうやって改めて言われると、想像以上の苦しみなのかもしれないなあと思う。
演じていて山本さん自身もすごくつらいだろうなあ。

見る私たちも相当の覚悟をしなければいけないのかもしれません。
土方さんの死までの道程を見つめることも、そして「新選組!」が終わってしまうことも(終わって欲しくないよ~)。

それにしても、冒頭の1行目が気になります。


けど、福島では21分間もインタビューの様子が流れたんですね。
うらやましいよ~。

 | HOME | 

Calendar

« | 2005-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

浮舟

浮舟

Vivons nos vies.へようこそ!
「新選組!」と「新選組!!」、山本耕史さん、大河ドラマ「功名が辻」の感想、フランス語の勉強、読書、アガサ・クリスティ、日々の徒然などなど脈絡なく語ってます。


お気に入りリンク

山本耕史さんのオフィシャルFC MAGNUM1031です↓
MAGNUM1031
日野市立新選組のふるさと歴史館HPです↓

組!!特設サイト↓
Shinsengumi Express!!新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。