Vivons nos vies.

日々のあれこれや好きなものについて語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちを新たに。

何故か昨日ぐらいから、リンクが表示されないけど何でだろう?
何か変なとこいじっちゃったのかな?

今日で2月も終わりですね~。早い早い。
後一ヶ月で新年度ですか。残り一ヶ月も頑張りましょう。

さて、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観ました。
今日スポットが当てられてたのは、WHOでメディカルオフィサーとして、鳥インフルエンザの感染を食い止める医療の最前線で働く進藤奈邦子さん。

WHOの最前線で、日本人のしかも女性医師がこんなにも活躍していたなんて全く知りませんでした。
鳥インフルエンザの感染爆発(パンデミック)が起きる可能性は以前より言われていましたが、最近はそれほど話題になっていないような気がします。でもそれは、進藤さんたちが全世界の動向に目を配り、現地に赴き、自らの命を危険にさらしながらひとつひとつの感染の情報を精査し、感染爆発を食い止めているからこそなんだと知り、今までの無知な自分を反省しました。SARSの感染拡大を食い止めたのも進藤さんの力が大きいんですよね。

その一方でお子さん二人も女手一つで育ててるんですよね。
いつも、子供たちに自分がもし死んでも、人間として大切な~ことは忘れちゃダメだよ、と言い聞かせてるとか。その覚悟はどれほどのものなんだろう。それを聞かされる子供たちもつらいだろうけど、ちゃんとお母さんのことを分かろうとしてるんだろうなあ。

日本人であることとか女性であることとか関係なく、自らの信念と情熱を持って、前に突き進んでいく。
何をするにしても、このことは一番大事なことだと思う。
また決意を新たにしました。
スポンサーサイト

覚え書

今日のテレビフランス語講座の表現(メモ代わり?)

C'est dommage.(セ・ドマージュ)
残念です。

①誘いを断るとき。
②相手にとって残念、つまり「おあいにくさま」と言いたいとき。
③惜しいなあと言いたいとき。

Tu aurais pu +不定詞.
~してくれればよかったのに。

aurais pu で条件法過去。
決まり文句だそうです。
そういやあったなあ、こんな言い方。

Tu aurais pu telephoner avant de venir.
来る前に電話してくれたらよかったのに。

などと使うそうです。

南仏の文化の紹介とかも面白かったです。
様々な民族が暮らし、そこでの文化の融合がある。
「ライ」という伝統的な音楽の由来と現在における問題点、興味深かったです。

神戸で、「ナポレオンとヴェルサイユ展」やってるんですね~。
行ってみたいかも。


組!サントラ第二弾予約!!

アマゾンで組!サントラ第二弾を予約しました。

前々からずっと探してたけど気づかなかったのは、ミュージックで「新選組!」で検索すると、一番最後に出てくるからだった。
13件中13番目。
せめて1ページ目に載るようになってればね。
でもこれから予約数が増えてくれば大丈夫かな。

これで後は来るのを待つのみ。
組!!DVDと組!サントラ第二弾、早く楽しみたい~。

最近のこと。

もうすぐ2月も終わりです。
何で3日も少ないんだー。結構大きい月末の3日。

○NHKメロディチャンネルで新しく「功名が辻」のメロディをダウンロード。
「愛の旅路」という曲で千代のテーマだそうです。
今日もかかってたけど、いつも話の盛り上がるところや切ない場面でよくかかってる好きな曲。
結構「功名が辻」の曲は好きだなあ。
サントラ欲しいなと思ってアマゾン見てみたけど、出てないみたい。
これからなのかな。

○もうすぐある友達の結婚式のスピーチがまだできあがっていません。
どうしよう~・・・。

○今日の新聞に出ていた国立大前期入試の英語の問題を解いてみる物好きな私(暇なのか?)
結構難しいです。

○最近またアヴリル・ラヴィーンの「Under my skin」をよく聞いてます。
「Let go」は偶然買って、すごく好きな感じだったのでセカンドアルバムも購入。
曲も好きだけど、詩も好きです。
「Who knows」は一番好きな曲。これを聞くと前向きな気分になれます。

○もう今日の深夜、閉会式のトリノ。
結局フィギュアぐらいしか見れなかったなあ。
そしてこんな最後になってほぼ日「観たぞ、トリノオリンピック」のにはまっています(遅)。
何故か第17回の入りが「いとしきーともはいずこにー」で大いに笑わせてもらいました(笑)

○「音遊人」ビデオに録りました。まだちゃんと見てないけど。
歌のところは少し見ました。やっぱ声好きですね~。
ミュージカルも行きたいし、ライブも行ってみたい。

ナビも買ってないし。あ、でも連載5月発売の号まではとりあえず続くみたいですねー(マグナムさんのスケジュールより)。よかったよかった。土曜ドラマ関係のゲストとかも期待できそうです(^^)

第8回「命懸けの功名」を観て

今回は、朝倉軍を攻める織田軍だが、浅井側の裏切りにより退却をよぎなくされるまで。金ヶ城の戦いで軍功を上げる一豊、そこで負傷しながらも退却の殿を引き受けた秀吉と共に向かうことに。

相変わらず展開が速いです。
でもシリアスな展開の中にもほっと息を抜けるシーンがあるのがいいです。
ほんとに山内グループ(公式HPで武田鉄矢さんがこうおっしゃってます)はあったかくて結束が固くていいですね~。武田さん曰く「中小企業」だそうです(笑)みんなが殿のことを考えて奉公してるんですよね。

顔に矢を受けるシーン、緊迫感ありましたね~。
それに痛そうでした。
でもこれが一豊の功名の始まりなんですね。

三谷さん、じゃなかった、義昭と光秀の怪しい関係ありましたね(笑)
何か笑ってしまった。この関係これからどうなるんだろ。

六平太は今日も大活躍です。彼がいなかったら信長軍はどうなってたんでしょう、というぐらい。歴史に関わりまくっています。

お市からの陣中見舞いを受け取って顔色が変わる信長。館さん、すごかったですね~。けどそこまで信頼し切っていたことがちょっと意外な気もします。

来週は「初めての浮気」だそうですが、「初めて」ということは次もあるのか?とか思ってしまいました(笑)

フィギュアなど。

テンプレ変えてみました。
前から気になってたテンプレ。オリジナルではないです。
ま、いつまで続くか分からないけどね。

BSでやってたフィギュア男子フリーをちょこっと見ました。

見出すとはまるねー、やっぱり。

長野五輪のときはよく見てて、見てるうちにジャンプの種類とか覚えてきて、解説者より先に「ルッツ」とか「サルコー」とかの種類を当ててやる!と意気込んでたのを思い出した(笑)
ジャンプもすごいけど、サーキュラー・ステップとかのステップ・シークウェンスも好きです。選手によって様々だし、何だかワクワクする感じがいい。
ちらっと日本スケート連盟のフィギュアルールを見てみたら・・・、すごかった・・・。素人にはさっぱりです。

そしてプルシェンコ選手はやはり圧倒的でした。
大舞台で力を出し切れるということはほんとにすごいなあと思います。

山本さんに似てるらしいという噂をよく聞いてたので注意して見てましたけど、確かに似てるかなあと思うところもありますね。特に目。伏し目がちになるところが似てるかなーと。でも全体的な印象はそれほど似てない気がする。
フィギュアに詳しくて、私が山本さんファンに引きずり込んだ友達に今度聞いてみよう。

女子も見たかったけど、見れず。
またハイライトとかでやってくれるかなー。
エキシビションも見たい。

もうすぐトリノも終わりですね~。
しかし、メダル云々の話でアテネ五輪がよく引き合いに出されてるけど、自分の中で何故か印象が薄いアテネ。
いや、北島選手のレースとか他にもいろいろ見てたし、ニュースも気にして見てたのにどうしてかなあと思ったりしてたけど、答えは出てる訳です(笑)
2004年の8月だもんね。
私の中ではやっぱり組!の方が大きかったらしいよ。こうして時が経ってみて改めてそう思うのでした。

some&any

昨日のハートの英文法メモ。

今回はsomeとanyの正確な使い分け、でした。

some・・・ぼや~っとある ex.someone,something,somewhere etc.

any・・・相手に「開いている」、「選択させる」 ex.anyone,anything,anywhere etc.

というイメージだそうです。

う~ん、なるほどね~。
いつものように、じわ~っと染みこんで行く感じ。

someは、内容や人物をぼかしたり、Would you like some cake?などと使う時には、どんなケーキか特定はしないけど、出す用意はあるよ、って感じのニュアンス。anyは、I don't have any money.だと、お札やコインなどのいろんな種類のお金はあるけど、自分はそのどれも持っていない、というニュアンス。
someとanyは肯定文、疑問文そして否定文などによって兌換性が聞く単語ではなく、全く別の意味を持つ単語だということです。
また疑問文や否定文では、any!という思考回路にこだわる必要はない、とのことです。

でも、なるほど!とは思うものの、これを実際に自然に身につけるにはまだまだ訓練が必要かも。
ネイティブの呼吸とやらは難しい!

荒川選手おめでとう!!

今までオリンピックにほとんど触れていないくせに、やはり「金メダル獲得」というニュースには触れずにはいられず。

本当に素晴らしい演技でした。
金メダルおめでとうございます!!

演技を見てやはり感じたのは、「充実」だった。
内面から出てくる美しさや輝きがにじみ出てた。
人の何十倍もの練習量に裏打ちされた技術ももちろんそうだけど、その苦しさを乗り越えた者だけが持つことができる自信。
技術的にも精神的にも充実してることがすごく感じられた。

でもそれだけではなくて、オリンピックのその演技のその瞬間に、その状態に持ってくるということがまた難しいと思う。それを成し遂げることができるのは、本当に限られた人だけなんだろうな、と。

もちろん、今回のオリンピックに出た他の人たちも、これからのオリンピックを目指している人たちも、その競技に全身全霊をかけて打ち込んでいる人たちばかりだと思う。
才能ももちろんあるかもしれないけど、それ以上に努力に努力を重ねて死ぬほどの思いをして、そして出せる力を出し切ったその先に、結果というのは付いてくるんだろうなとオリンピックを見る度に改めて思いますね。
惜しくも満足の行く結果が出せなくてもきっと必ず次につながっているはずです。

私自身はスポーツはやらないけど、こうやって頑張ってる人たちを見ると勇気をもらえます。
うだうだ悩むこともあるけど、今やれることを精一杯やることが大事なんだよね。
その先に結果が付いてくるか、それは今の自分次第。
後悔しないように、頑張ろう。

はーーーー。。。

意味のないタイトル。

何かいろいろこれからのことを考えると疲れるというか、何というか。
頑張らなきゃいけないんだけど、やる気が出てこない。
だめだなあ・・・。

↓のモブログ、写真とか載せたことないので、自分のブログなのに、どこのブログかと一瞬焦ります(笑)。
日付入れて撮ったら、ブログでも表示されるんですね(当たり前か)。
写真を真ん中に表示するのはどうしたらいいんだろう。

読みました、『凍鉄の花』。
完全なるフィクションなのは聞いていた通りでしたね~。
父親を土方に殺された総司が二重人格となり、土方を殺そうと狙っている、という。
その本筋とは関係ないけど、鴨の暗殺の解釈が面白いなあと思った。
土方さんと結びつけるとはね。
でもやっぱりどちらかと言えば『北走新選組』の方が好きかなあ。

そういや、まだ組!のサントラ第二弾の予約はやってないんでしょうかね。アマゾンではまだですけど。
待ち遠しい~!!

モブログ挑戦

20060222225414
せっかく画素数の高いカメラが付いてるのでモブログを試してみました。被写体はやっと今日買った『凍鉄の花』。

これから読みます。
ちらっと見た感じではほんとに史実重視の『北走新選組』とは違うみたいですね~。

ついに後一ヶ月

ラジオフランス語講座の3月号のテキストを買ってきました。

ついに、後1ヶ月とちょっととなりました。
初めて完走できそうです。
といっても来月はバタバタしそうなので、ちゃんと聞けるか非常に不安なんですけどね。やっぱCD買った方がいいかなあ。
応用編も、3月は2月までの講演ではなく、新たな教材(マルチニクの詩人エメ・セゼールの『クリストフ王の悲劇』)を使うので絶対聞きたいしなあ。

それとちょっと先取りだけど、4月から6月の応用編は、『星の王子さま』を教材に使うみたいですよ~。
おー、こちらも絶対聞きたい!!
自分でもたまにフランス語の原文を見てるけど、難しくてすぐ挫折しちゃうので、講座で取り上げてくれるとありがたい。

だけど、3月号の初級編。
ぱらぱらめくってみたけど、すでに初級編じゃないよ、あれ。
いきなり難しくなってるんですけど・・・。
今まで速度40kmぐらいで走ってきたけど、最後に向けて100km出してます、みたいな(どんな例えだよ)。
スキット練習とかがやたら速くなりそうな予感。
ついて行けるんでしょうか。ちょっと不安。

春だなあ。

今日もお昼からぽかぽか陽気。
ちょっぴり春の匂いがしました。

そろそろテンプレが変えたくなってきたよ。
持って一ヶ月なのか。
テイストは今と同じ感じで、よりシンプルにしたい。
そのうちまた変わってるかもしれません。

最近「今週のフランス語」書いてないですねえ。
ちゃんと聞いてるんだけどね。
でも先週は、土曜日の応用編聞き逃してかなりショック・・・。
今までパーフェクトだったのにー。
ハイチ革命について、とか書こうと思うものの、未だ手が出せず。
テキスト暗記もLecon4までが限界。

そういや昨日、初めてテレビのフランス語会話を見てみた。

面白いじゃないですか、ちょっと!!

昨日は「Je voudrais~」を使った表現。
内容も盛りだくさんで楽しめました。
語学番組も変わってきたなあ、昔と。
紹介されてたカナダ出身の歌手の歌(歌詞はフランス語)、聞いてみたいな。

しかし、フランス語のリスニング力が一向に上がりません。
って一朝一夕で上達するものではないですが。
英語だってろくに聞き取れないけど、それでもそのレベルまでもフランス語は到達しない。リスニングの絶対量が少ないからもっともなことなんだけどね。フランス語をフランス語として聞き取る力がまだ付いていないようです。
訓練あるのみ。

そうそうついに携帯機種変しました。そしてついにauユーザーに!今までツーカーだったのです(ごめんね、ツーカーグループ)。
カメラは230万画素ぐらい(曖昧な)ですよ~。なのに、AF機能がついてないので、いまいちピントが合わないのが不満。私の撮り方が悪いのかなあ。

ちまたでは、リスモとかいう、携帯に音楽を取り込める新サービスが始まってますが、機種が高くて断念。地上デジタルが見えるワンセグ携帯とかも欲しかったけど、高くて断念。まあ、そのうちもっと性能がいいのが出るでしょう。それまでは我慢します。今のも十分性能いいし。

『タイタンの妖女』も読んじゃったし、次は何を読もうかな。
こちらも途中でほったらかしている、『桜の実の熟する時』にしようか。ここに書くと、有言実行できそうなので、読んでみようかな。

トリノも全然見てないなあ。
今日は女子フィギュアがあるんでしたっけ?
もうすぐ閉幕してしまうし、少しは見てみようかしら。

『タイタンの妖女』

久しぶりの読書記です。

『タイタンの妖女』読み終わりました。
つくづく不思議な世界観を持った小説だったなあと思います。

そもそもこの小説に興味を持ったのは、爆笑問題の太田さんが絶賛していたのがきっかけ。「人生とは?生きる意味とは何なんだと悩んでいたころに読んで、人間というのはくだらなくていいんだというこの小説のメッセージにすごく楽になった」というようなことをおっしゃってたので、一度読んでみたいとずっと思ってました。

ストーリーは、一人の男が火星、水星、土星、地球と宇宙を彷徨い続ける話なのですが(省略しすぎ)、その過程でそれは何のためなのか、誰の意志なのか、その男の存在意義とは何なのかが問われて行きます。


・・・read more?


第7回「妻の覚悟」を観て

今回は、信長の上洛への戦、小谷城への訪問、山内家ではふねの急死、そして一豊が秀吉に従い京都に留まるまで。

前回とは打って変わって、泣き所がたくさん。
吉兵衛と新右衛門、いつも絶妙な掛け合いを見せるけど、お互いのことをよく分かってるからこそなんですよね。吉兵衛が、「新右衛門はいつもお前たちのことを戦場で考えてる」と言ったところにぐっときました。
そして最後、母の死を乗り越えて父を送り出す徳次郎の成長にもうるうる来てしまいました。

公式HPのトピックスでは三谷さんと脚本家の大石さんの対談がアップされてます。
今日は出番少なかったけど、これから続々と観られるであろう義昭の勇姿(?)がたくさん紹介されてます。
明智光秀との関係とやらがちょっと気になる(笑)
役者三谷さんの顔が観られるのがこれからも楽しみ。

雑多なつぶやき

○「氷壁」を前回ぐらいから何となく見始めてみた。
ものすごく途中から見たので、「カラビナ」って?「K2」って?という感じでしたが、HPとかで知識を補いつつ見ています。
今日も見たけど、だんだん気になってきました。
来週の最終回も見てみよう。

骨太な土曜ドラマを目指しているとのことですが、確かにそれは感じますね~。ここまでシリアスなのって最近見たことないかも。
ってドラマ自体あまり見てないから比較もできないんだけど(笑)
次の土曜ドラマも結構シリアスっぽいし、「マチベン」もこういう感じなんでしょうかね、やっぱり。
とにかく4月から楽しみ。

○「功名が辻」の着メロをダウンロードしたせいで、メインテーマが頭から離れません。前半と後半に分けて二曲あるんだよね。でも、真ん中部分は切られているという。そこも聞きたかったのにな~。
このテーマ曲は結構好きですね。

○『タイタンの妖女』もうすぐで終わりそう~。
面白いです!
最初はその世界観に慣れるので精一杯で、しかも慣れたと思ってもどんどん新たなストーリー展開というか、哲学とでも言うべき世界が広がっているのでそれを解釈していくのが大変です。でもそれも含めて面白い。
私の中では新たな「分野」との出会いかも。
アマゾンのレビューで知ったんですが、村上春樹の独特の比喩表現はこの作者、ヴォネガットの影響を受けているとか。
なるほどね~。確かに、あのどこからそういう発想が生まれてくるのか不思議な比喩表現は村上春樹の特徴ですよね。けどあの比喩表現、私は好きです。あの不自然に見えて的を射ている感じが。

○あ、今日の山本さんのラジオ聞きました(ここでまとめちゃってるし(笑 )。マグナムさんで告知されてた時間でいいかなあと適当に5時10分すぎから録音してたら、録音してすぐ出演。ぎりぎりだよ~、危なかった。
「RENT」の話や、オフブロードウェイ作品の日本版に出てることについてのお話が中心。もうちょっと聞きたかったなあ。
「新選組!」という言葉に過剰に反応してしまいました(^^;
映画「RENT」も見に行きたいな。

Podcast 第4回!!

組!!ブログが更新されてる~。

新選組Podcast第4回の収録が決定いたしました!! 題して「榎本総裁・片岡愛之助さんに訊く!!」。

だそうですよ。
ブログを見てる人からの質問に答えるという内容のようで、質問を数日間緊急募集するようです。
愛之助さんの直筆メッセージもあります。

まだまだやってくれますね~、組!!ブログは(^^)
また新たなポッドキャストが聞けるとはね。
質問、何か思いついたら送ってみようかな。

これからも期待してます!!

そろそろ春なのかなあ

昨日は全国的にも初夏の陽気とか言ったし、今日にかけて雨もざーざー降ってたし、だんだん季節は春に向かってるみたいですね~。冬もそろそろ終わり?
今年は早い内から寒かったから、何か冬が長く感じる。
底冷えがするっていう感じはもうなくなってるけど、また寒くなったりするのかな。

そんな中、これからちょっと忙しくなりそうな予感、というか予定。
住む環境が変わりそうです、4月から。
引っ越し準備とか大変だー。

マグナムさんで、今年も五稜郭祭に参加すると書かれてますね。
今年はもう新選組関連のイベントも参加しないんだろうなあと思ってたので嬉しいです。といっても行けるかどうかは分からないけど。
となると、五稜郭祭の前の週ぐらいにある日野はどうなるんでしょう?参加してほしいなあ。
もしかして日野なら今年は行けるかもしれないし。
今年は他にもいろいろ行きたい!!
行動的に行きたいと思います。

お、今日はハートの英文法(ちょっと違う)があるよ~。

企画が盛りだくさん

マグナムさん行ったらびっくり。
FCのイベントやら、特典やらをずらりと並べられて、今度こそ入らねば!と思ってるところです(ちなみに未だ非会員の人)。

特に、惹かれるのは土方歳三フォト卓上カレンダー
これは欲しいよ、ほんとに。DVDはもう注文しちゃってるんだけどなあ。3月14日の時点で会員じゃないと初回限定版はだめみたいだね。ああ、微妙だなあ、無理っぽい。
あ、でも限定版にこだわらなければカレンダーはもらえるのか。そうなると、限定版は欲しいからアマゾンで買って、それとは別にカレンダーに5000円ということに・・・。迷うなあ。

ライブとかもあるし、TTBのバースデーイベントもあるし、函館ツアーとかもあるよー!!どれかには絶対行きたい!もちろん抽選とかあるんだろうけど。

しかし、特典とかっていつも分からないのにこうやって公表するということは、やっぱり勧誘されてるのか?(笑)
この機会に是非、って書いてるもんね。

でもほんとに今年こそ入りますよ。

久しぶりに東京へ!

ちょっと所用があって、東京に約5ヶ月ぶりに行ってきました。
以前住んでたので、久しぶりに行ってもまごまごすることとかはないんだけど(八重洲の出口でタクシーに轢かれそうになったりはしたけどね)、ちょこちょこ変わってたなあ、やっぱり。

銀座阪急がかなりリニューアルしてました。
いつごろリニューアルしたのかな?新しい店はでも最近オープンしてるっぽいですよね。以前行ったのが何年も前だからなあ。
雑貨好きの私にはかなりストライクな店が増えていて、すごく楽しかったです!2Fのテイスト、大好き!まあウィンドーショッピングだけど。

以前からあるキャトルセゾンも大好きな雰囲気です。こんな部屋にいつか暮らしたいなあといつも思う。
リネンとかを使った雑貨っていいなあ。こういうところにいると時間を忘れそうになる。

それと、今回スカイ○ークを利用したんですけど、「2006年2月1日から運賃を大幅値下げしたことに伴い、サービスを一部変更しました」ということで、乗ってびっくり(というほどでもないか)。

まず、飲み物とか菓子類のサービスがなくなってる!乗るだけです。
次に、機内誌が廃止されてる!前の座席には安全のしおりしか入ってないですよ。機内誌読むの結構楽しみだったのになあ。時間つぶしにもなるし。面白いトピックスもあったのに。
そして、荷物は一定以上の重さを預けると有料になるらしいです。

確かに、普通運賃がもともと他社より安いのに、さらに5000円以上安くなってるし、今はバーゲンとかで5000円のチケットも売り出されてますからねえ。そりゃ何かしないと、さすがに元は取れないと思うけど。
それにしても、思い切った改革にびっくりです。
安くなるのは消費者にとっては確かにありがたいですけど、その分おろそかにしてほしくないこともあります。

飲み物とか機内誌とかは、まあなくても大丈夫です。国際線じゃなくて10何時間も乗る訳じゃないし。けど、そこで削った経費だけで、元が取れるのか?取れないのではないかと思ってしまいます。

安全に対する経費は一円も削って欲しくない。そして安全に対する意識も削って欲しくない。
切にそう思います。

第6回「山内家旗揚げ」を観て

今回は、山内家のやりくりに苦心する千代、そして信長側では、明智光秀を家臣にし、足利義昭を岐阜城に招き、上洛へ向けての戦に出るまで。

山内家は相変わらず、千代のキャラクターもあって、和やかでいいなあ。コメディタッチで面白く観れます。来週はちょっと悲しいことになるみたいですけど。
千代に関しては先週ぐだぐだ言ったけど、いいんじゃないかなと思い出してきた。可愛らしくて明るいけど、それだけじゃなく一豊のことも家のことも考えてるしっかり者。なにげに政情に通じてたりするのも面白い。一歩下がって夫を支える妻、というのではなく、前にどんどん出て行く感じが好きですね。突っ走りすぎて、がっくり来てるってのもまたいいんだけど(笑)
そういえば、今日は家臣二人の掛け合いがなかったな。

そしてそして。
ついに義昭役で三谷さん登場ー!!
「ありふれた生活」での撮影裏話が頭をよぎってちょっと集中できなかったりしたけどね(笑)高貴なんだけど、動乱の中で弄ばれそうな雰囲気が出てて、よかったですよ。
これからも期待。いつ頃まで出てくるんだろうな。

最後は、ついに先陣を命じられ、上洛への戦に出陣する一豊。
丸三つ葉柏紋(だっけ?)をあの可愛らしいパッチワークで作って持たせる千代と出陣の場面にほろり。
何かいよいよ動き出したって感じですね(^^)

しゃべり場。

しゃべり場見ました。
最初から最後までちゃんと見たのは、本当に久しぶり。
初めのころはまだ10代も近かったし、よく見てたけど、見てるだけってのにだんだんイライラして来ていつの間にか見るのをやめてました。
偉そうなこと言えるような10代を送ってきたわけでもないのに、「ああ、そうじゃないなあ」ともんもんとするのに疲れちゃったんでしょうね、きっと、昔見てたときは。
でもここに出てくる子たちは、いろんな境遇の中にいるかもしれないけど、ちゃんとしっかり自分を持って、意見を言える子が多くていつも感心します。自分が10代のころは、もっと漠然とした思いと将来に対する考えで生きてたなあと反省することしきり(^^;


・・・read more?


時制の一致を思い出す。

初めて見てから実は、毎週見ている「3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法」(これ、HPないんだなあ。残念。)
今週のテーマは「時制の一致」。
今回も面白かったです。

「報告が過去なら、時制も過去」だそうです。
番組内で念仏のように唱えてたので、覚えてるし、私(笑)

時制の一致はめんどくさい文法事項の一つでしたね~、確かに。
今回は出てこなかったけど、大過去とか未来とか、would 使ったやつとか頭がこんがらがってました。でも、時制が複雑になっても、この「報告が過去なら、時制も過去」ってのを応用すれば、無理なくできそうな感じがしてきました。

それと、今回もう一つ勉強になったのは、ネイティブは時制の一致をさせないこともある、ということ。

番組内で使われていた例文で紹介すると、

①My father said that he was going to lend me money.

②My father said that he is going to lend me money.

「お父さんが、お金を貸してくれるって言ってたよ。」
という文ですが、やはり①の方が時制の一致をさせた、自然な言い方だそうです。②はthat以下で本来時制の一致をさせるべきwas がis になっています。でもこれもネイティブは使うそうで、ニュアンスとしては、お金を貸してくれることが確実で、そのことに対して話し手が喜んだり興奮してる雰囲気が出るそうです。例えば、ネイティブの方が言ってたのでは、今父親と電話して、「お父さんがお金を貸してくれるって!!やった!!」のような感じになるそう。

なるほどね~、とまた感心。
was を使った方は、報告してるだけって感じだけど、is を使った方は、that以下のことを全面に押し出して強調したいときに使う、ということなんですね。
単に規定通りの文法を教えるだけじゃなくて、こういうところが、この番組の面白いところだなあと思う。

以前の放送(かな?)をまとめた本も出てるんですよね。
これ、買おうかなあ。
あ、DVD-BOXも出るらしい。

フランス語だけじゃなくて、何だか英語もまたちゃんとやりたくなってきた!!まあ、もともと英語は完璧でも何でもなかったんだけど・・・(笑)
語学はやっぱり面白いな。

ロマンチ!!!

今日は他にいろいろ書こうと思ってたのに(大したことじゃないけど)、今でも日課の組!!公式ブログに行ったら、サイトがリニューアルされてて、即話題転換。

いきなり、トップに青空と大草原が広がっててびっくり!!
ラストシーン思い出しますね~。
しかも、
「待たせたな!」と来ましたか(笑)
はい、大分待ちましたよー。

1月の放送直後から、このサイトの存続について、お問い合わせやご意見をいただきましたが、ようやく、きょう、ご報告ができます。

ご覧の通り、「Shinsengumi Express!!」は装いも新たに、「新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!」として生まれ変わりました。
番組は終わりましたが、「新選組は終わらない!」という「ロマンチ」な人々が集える場として、これまで以上にご利用ください。

新しいサイトとして、コンテンツはもちろん、特別企画なども考えております。


とのことです。
おおーーー、嬉しいーーーー(^^)
サイトは存続させてほしいと要望した一人なので、ほんとに嬉しいです。
「新選組は終わらない!」という「ロマンチ」な人々が集える場ってのが素敵です!サイトのネーミングに「ロマンチ」を持って来るとは(笑)何だかロマンチがあふれかえってるような感じがします。「!」の数も変わってなくておかしいし(笑)。

インタビューやメイキング映像とか、ポッドキャストも残してくれるんですね。嬉しいです、ほんと(言い過ぎ?)。

でも本当に、組!は終わらないような気がしてきた。
組!!で完結したと思ったけど、ひょっとして?ってこともある?もしかして。コンテンツも特別企画も考えてるって言ってますもんね。ここから新しい流れができたりするんでしょうか?
以前言ってた「きっと喜んで頂ける企画」というのはこのことだったんですね。あ、でもまだこれはその一部なのかも。

すごいなー、組!って。
まだまだ終わってないのがすごい!!
そして、「組!が大好きだ」という気持ち、これからもずっと変わりません。

組!!サイト管理者の方々、本当にありがとうございます!!

サントラ第二弾!!

ついに出るんですねー、新選組!サントラ第二弾
去年発売が中止になったと聞いてから、もうほとんど諦めてたので、ほんとに嬉しいよー!!でもよく考えると、続編制作が決まったから、去年は中止になったのかもしれないですね。続編の曲も入れて出そう、ってことで。

冷めることの無い「新選組!」ファンからの熱い要望に応え

ってところにジーンと来ました。
もちろん冷めてはなかったけど、ほとんど諦めていた自分を叱りたい気分です。だめだなあ、私。けど、大河が終わって1年2ヶ月が経とうというのに。まだまだ組!は終わりませんね!!

前作とのかぶり曲はメインテーマを除いてはないそうで、名曲の「山南切腹」や組!!の「希望のワルツ」など、全30曲が収録とのこと。
「メザシ」、気になるな。「芹沢鴨」も聞いてみたい。
でも、サントラに入ってない曲、まだこんなにあったんだね。

最近、何故だか組!のサントラをよく聴いてるので、これにまた新たな曲を聴けるかと思うと、嬉しくてしょうがない!!
ほんとにありがとうございますーーー!!!

組!!DVDもアマゾンだし、一緒に買おうかな。
まだ、出てないみたいだけど。

そういえば、NHKの組!!サイト(ページ)にも、DVDの発売決定のニュース載ってますね(大分前からだけど)。ドラマのトップページにも、まだ「続編制作決定」のバナーを残してくれてるのが嬉しい。でもいつかなくなっちゃうのかなあ。ずっとあるといいのに。

読んでみたら・・・

昨日の記事で書いた『タイタンの妖女』。
久しぶりに読んでみたら、面白くて、結構読めました。
相変わらず独特。SFだからなのかな?あまりそれ系の小説は読んだことがなかったので新鮮です。しばらくはこれを読むことにします。

以下は小ネタです。

○来週の「功名が辻」、ヤフーテレビによると、ついに三谷さん足利義昭役で登場するんですねー。楽しみ~。

○マグナムさんで、2月のスケジュールが更新です。
18日の12:00から放送の「女検事の報復」、テレビ朝日(東京ローカル)で放送か~。また見れないなー。残念。

ナビの対談もあるみたいですね~。よかったよかった。まだ続くのかな?
今度の相手は誰でしょうね。

金曜日には「しゃべり場」、忘れないようにしないとね。
でも、「しゃべり場」って3月で終わるんだね、知らなかった。
始まった当初はよく見てたので、何か寂しいです。
けど、また視聴者が出演するという形態は変わらないみたいですね。

雪が降りました。

昨日から寒くて寒くて、今日も朝から寒いなーと思ったら、昼から雪に変わりました。でも夕方ぐらいから雨に変わって、今は大分融けたけど。積もりそうにはないですね。

今日は少しだけ(かなり少しだけど)懸案事項に動きがあり、ちょっと気持ちが晴れてます。まあ、今後どうなるか分からないけどね。よい方向に進んでくれればいいんだけどなー。
でも、全力は尽くしましょう!!

最近、本は読みたいんだけど、中々読書モードになれません。
やる気だけはあるのに、中々集中して読めない。読書もエネルギー使うんだなあと思う。
フランス語勉強してるから、フランス文学を読もう!と張り切ってバルザックの本を家の本棚から引っ張り出してきたけど、まだ3ページぐらいしか読んでないし。
それ以前に読みかけの本も結構あったりして・・・・。『タイタンの妖女』とか『桜の実の熟する時』とかね。
読書ってリズムをつかむまでが難しい。特に、結構骨のある文学ものだったりすると。難しいものばかりに手を出しすぎるんだろうか。
幕末物も最近読んでないなあ。

もうちょっとリラックスして読める本を、一回読んでみて気分転換しようかな。

第五回「新妻の誓い」を観て

今回は、一豊と千代が夫婦になってからの暮らしぶりと、市が浅井家へ嫁ぐまでが描かれました。

何か笑いどころが多かった(私だけ?)今回ですが、でもお市の輿入れの話にはしんみりさせられました。

小袖の話(今で言えばパッチワークでしょうか)やまな板に代表されるように、千代の節約術が今後の見どころになりそうな感じかな?でも「夫を支える妻」というのは、今の時代に逆行しているような気がしないでもないので、それだけじゃない、千代の魅力を描いて欲しいなあと思います。もちろん、一豊の出世には妻の協力は不可欠だと思いますけどね。でも、今回も千代の型にはまらないという魅力が垣間見えてその点はよかったかな。

少ししか触れ合うことができなかったけど、千代と市が言葉を交わすというのが面白い設定だなあと思いました。その後、千代が「お市様を戦を止めることができる」と言ってたのも、戦を好まない千代ならではの見方だなと。
市の一件で信長の素顔がちらりと見えるのも、よかったですね。

そして、今日の吉兵衛と新右衛門(笑)も相変わらずでおかしいです。
何かもうお約束のように、その登場と掛け合いが楽しみになってきました。だんだん出番も増えてきたしね。

けど大河っていうのは、登場人物周りは前半は穏やかで楽しげなシーンが多くていいですね。もちろん、時代の動きという面で見ると、そんなことは決してないんだけど。話が進むとどんどんシビアで苦しい展開になってしまいますからね~。

うん、でもだんだん軌道に乗ってきた感じで、このまま1年見て行けそうです♪

「毎日」とかいろいろと

「毎日モーツァルト」が、一回テレビ欄で「毎日」と略されてて笑った。略す方が違うって(笑)
前に山本さんのナレーションが聞けなかったーと言ってましたが、あれから何回か見れました。
やっぱ山本さんの声いいなあ。曲にも風景にもしっくり来る。邪魔にならないんだけど、聞いていて落ち着く、というか。
番組見てから久しぶりにモーツァルトが聞きたくなり、家のCDの山の中から探して来て最近聞いているのが、これ。

フルートとハーブのための協奏曲ハ長調K.299

フルートとハーブの音色がとにかく綺麗です。気持ちが軽やかになるような曲。フランス語の勉強をしつつ、かけているとはかどります(^^)

そういえば、明日は功名が辻の再放送があるんだった!
忘れそうなので書いておこう。
明日の土スタのゲスト、濃役の和久井映見さんなんですね~。
マチベン情報とかは・・・特になさそうですね。先週あったもんね。

何か今日は風が強いし、寒い!!昨日とは全然正反対。
明日も寒くなりそうだ。

そうそう、今日は節分。山本さん豆まきでしたね~。
関東の方はどうだったんでしょうか。やっぱり寒かったのかなあ。
山本さんや行かれた方たちは、大丈夫だったのかな。一日いたら本当に底冷えしそうですもんね。

我が家でも、今日は巻きずしを買って食べました。買う予定なかったのに、スーパーに行ったら、どこを向いても巻きずしがこれ見よがしに置いてあって、いい匂いもするのでつい買ってしまった。
普通に切って、恵方も向かずに食べたけど(笑)。
おいしかったです。
あ、節分豆も買ったのに、年の数だけ食べてないな。

追記
あ、今マグナムさんに行ったら、メンテナンス中にも関わらず今日の豆まきのときの写真がアップされてた!
また、かわいい笑顔ですね~。髪の毛の色も濃い茶色かな?落ち着いた感じです。
着込んでるっぽいけど、やっぱ寒かったでしょうね~。

今週のフランス語(ちょっと早め)

今日は、春めいた天気で風も気持ちよくて、とっても過ごしやすかったです。室内は寒かったけど・・・。

さて、今週のフランス語。先週は書けなかったけど、今週はちょっと早めに。いつものように今日で今週の入門編は終了ーー!!
今日は、面白いなーと思ったフランス語の豆知識(なのか?)。

その発端となったのが、ユミが言ったこの一言。

Je l'aime bien, mais sans plus. (ジュ レム ビヤン,メ サン プリュス)
彼のことはいい人だと思ってるけど、それだけよ。


ユミがパオロが好きなのかと疑っているマリアに言った一言です。

Je t'aime.(ジュ テーム)
というのは、いわゆるフランス語で言う I love you.なのはよく知られてるけど、aime(aimer)は好きであるという動詞なんですよね。

で、このままだと、私はあなたを愛していますという意味。
けど、これにbienを付けると、「私はあなたのことをいい人だと思っている」という意味になるそうなんです。つまり、恋愛感情抜きで、友達とか人間として好きだという意味になるらしい。
これには、へぇーーー!!!という感じ。
だって、Je t'aime bien. なんて普通言われたら、ものすごく愛してます!!みたいな熱烈な告白だと思いますよね。ところが違うらしい。逆に何とも思ってないよ、って言われたようなもの。
だから、さっきのユミのセリフでも、Je l'aime. だと、「私は彼を愛しています」という意味になるんですね。

これは非常に大事なことなので、気をつけてくださいね!と講師の先生も言ってたけど、ほんとにそうだよねーーー。全然違う意味になるもん。ショックを受けるところで、喜んだりするという場違いなことになる恐れが。って、そんなことに気をつける機会は、私にはなさそうだけど(笑)。
言語って面白いと同時に、知らないととんでもないこと言ってるってことがあるから怖いですよね。

また少し思い出した

あー、今日は前々回ぐらいに買ったナンバーズ4の番号が今回の当選番号だったり、行こうと思って楽しみにしてたお店が休みだったり。ついてないなーー(--;
まあ大したことじゃないけどね。


そういえば、今日の朝日の第二ラテ欄(というのかな?)のコラムを読んでいたら、ちょっと気になった(多分関西版だけだと思う)。
話題は今年の大河。

・・・read more?


 | HOME | 

Calendar

« | 2006-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

浮舟

浮舟

Vivons nos vies.へようこそ!
「新選組!」と「新選組!!」、山本耕史さん、大河ドラマ「功名が辻」の感想、フランス語の勉強、読書、アガサ・クリスティ、日々の徒然などなど脈絡なく語ってます。


お気に入りリンク

山本耕史さんのオフィシャルFC MAGNUM1031です↓
MAGNUM1031
日野市立新選組のふるさと歴史館HPです↓

組!!特設サイト↓
Shinsengumi Express!!新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。