Vivons nos vies.

日々のあれこれや好きなものについて語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時制の一致を思い出す。

初めて見てから実は、毎週見ている「3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法」(これ、HPないんだなあ。残念。)
今週のテーマは「時制の一致」。
今回も面白かったです。

「報告が過去なら、時制も過去」だそうです。
番組内で念仏のように唱えてたので、覚えてるし、私(笑)

時制の一致はめんどくさい文法事項の一つでしたね~、確かに。
今回は出てこなかったけど、大過去とか未来とか、would 使ったやつとか頭がこんがらがってました。でも、時制が複雑になっても、この「報告が過去なら、時制も過去」ってのを応用すれば、無理なくできそうな感じがしてきました。

それと、今回もう一つ勉強になったのは、ネイティブは時制の一致をさせないこともある、ということ。

番組内で使われていた例文で紹介すると、

①My father said that he was going to lend me money.

②My father said that he is going to lend me money.

「お父さんが、お金を貸してくれるって言ってたよ。」
という文ですが、やはり①の方が時制の一致をさせた、自然な言い方だそうです。②はthat以下で本来時制の一致をさせるべきwas がis になっています。でもこれもネイティブは使うそうで、ニュアンスとしては、お金を貸してくれることが確実で、そのことに対して話し手が喜んだり興奮してる雰囲気が出るそうです。例えば、ネイティブの方が言ってたのでは、今父親と電話して、「お父さんがお金を貸してくれるって!!やった!!」のような感じになるそう。

なるほどね~、とまた感心。
was を使った方は、報告してるだけって感じだけど、is を使った方は、that以下のことを全面に押し出して強調したいときに使う、ということなんですね。
単に規定通りの文法を教えるだけじゃなくて、こういうところが、この番組の面白いところだなあと思う。

以前の放送(かな?)をまとめた本も出てるんですよね。
これ、買おうかなあ。
あ、DVD-BOXも出るらしい。

フランス語だけじゃなくて、何だか英語もまたちゃんとやりたくなってきた!!まあ、もともと英語は完璧でも何でもなかったんだけど・・・(笑)
語学はやっぱり面白いな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ukifune.blog12.fc2.com/tb.php/184-8633935a

時制時制(じせい)とは言語学の用語で、述語(主に動詞)によって言及される出来事などが、主に発話時点からみて現在・過去・未来のどれにあたるかといった時間的関係を表現する形式をいう。日本語の動詞では「‐た」によって過去が表示され、現在・未来は終止形(辞書の見

時制をチェック!

時制時制(じせい)とは言語学の用語で、動詞によって言及される出来事などが、主に発話時点からみて現在・過去・未来のどれにあたるかといった時間的関係を表現する形式をいう。日本語の動詞では「-た」によって過去が表示され、現在・未来は「-る」などによって表示される

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

浮舟

浮舟

Vivons nos vies.へようこそ!
「新選組!」と「新選組!!」、山本耕史さん、大河ドラマ「功名が辻」の感想、フランス語の勉強、読書、アガサ・クリスティ、日々の徒然などなど脈絡なく語ってます。


お気に入りリンク

山本耕史さんのオフィシャルFC MAGNUM1031です↓
MAGNUM1031
日野市立新選組のふるさと歴史館HPです↓

組!!特設サイト↓
Shinsengumi Express!!新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。